雇用保険の手続き(採用時)

※ 雇用保険の適用について

短時間就労者の場合、31日以上の雇用見込みがあれば適用となります。

1週間の所定労働時間の算出については、以下の通りです。

 

 

<1.「1週間の所定労働時間」とは>

就業規則、雇用契約書等により、その者が通常の週に勤務すべきこととされている時間をいいます。

この場合の「通常の週」とは、祝祭日及びその振替休日、年末年始の休日、夏季休暇等の特別休日(すなわち、週休日その他概ね1ヵ月以内の期間を周期として規則的に与えられる休日以外の休日)を含まない週をいいます。

 

 

<2.所定労働時間が1ヵ月の単位で定められている場合>

通常の月の所定労働時間数を12分の52で除して得た時間を1週間の所定労働時間とします。

1週間の所定労働時間 = 月の所定労働時間 ÷ 12/52

 

 

<3.所定労働時間が1年間の単位でしか定められていない場合>

 当該時間を52で除して得た時間を1週間の所定労働時間とします。

 

←従業員を採用したとき              社会保険の手続き→