被扶養者の手続き

被扶養者に異動があったときには、以下の書類を提出します。

 

<被扶養者とは>

健康保険の被保険者に扶養されている75歳未満の人は、一定の条件に該当すれば被扶養者として認定され、本人が保険料を負担しなくても健康保険の給付が受けられます。
被扶養者として認定されるには、対象者の収入や被保険者との生計維持関係などの基準を満たす必要があります。

 

健康保険の被扶養者となるには、

「①主として被保険者の収入により生計を維持されている三親等内の親族であること」が条件ですが、さらに「②同一世帯であること」が条件となる親族もあります。

 

 

<生計維持の基準>

「主として被保険者の収入により生計を維持されている」状態とは、次の基準により判断されます。
ただし、次の基準により被扶養者の認定を行うことが実態と著しくかけ離れており、かつ、社会通念上妥当性を欠くこととなると認められる場合には、その具体的事情に照らし最も妥当と認められる認定を行うこととなります。

  

  

(1)被保険者と同一世帯の場合

 

認定対象者の年間収入が130万円(60歳以上・障がい者の場合は180万円)未満であって、かつ、被保険者の年間収入の2分の1未満である場合には、被扶養者となります。

なお、上記に該当しない場合であっても、認定対象者の年間収入が130万円(60歳以上・障がい者の場合は180万円)未満であって、かつ、被保険者の年間収入を上回らない場合で、世帯全体を総合的に判断して、被保険者の収入が生計の中心と認められるときは、被扶養者となります。


①被扶養者の収入が130万円未満かつ被保険者の収入の2分の1未満の場合

 

②被扶養者の収入が130万円未満かつ被保険者の収入の2分の1以上の場合

 

 

(2)被保険者と別居している場合

認定対象者の年間収入が130万円(60歳以上・障がい者の場合は180万円)未満であって、かつ、被保険者からの援助による収入額より少ない場合は、被扶養者となります。

 

①被扶養者の収入が130万円未満かつ被保険者からの援助額未満の場合

 

②被扶養者の収入が130万円未満かつ被保険者からの援助額以上の場合

 

<扶養異動届添付書類一覧>

扶養添付書類一覧(協会けんぽ).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 46.3 KB

添付書類は主に必要とされるものを掲載しています。場合によっては、ここに掲載されていない添付書類が必要になる場合があります。

 

←社会保険の手続き                   配偶者(第3号)の手続き→