障害が残ったとき

傷病の状態が、もうこれ以上治療を続けてもよくならない固定した状態となったとき、なお身体に障害が残ってしまった場合に、その障害の程度に応じて「障害(補償)給付」が支給されます。
この給付は、障害等級表(労災保険法施行規則別表第1)に応じ(第1等級から第14等級まで)、「障害(補償)年金」と「障害(補償)一時金」の2種類があります。

※手続の流れは以下の通りとなります。

<障害(補償)年金>

第1級から第7級までに該当する障害が残った場合には、障害(補償)年金として、年金給付日額に以下の日数を乗じた額が支給されます。

<障害(補償)一時金>

第8級から第14級までに該当する障害が残った場合には、障害(補償)一時金として、給付基礎日額に以下の日数を乗じた額が支給されます。

 

←長期間治らないとき                亡くなったとき→