長期間治らないとき

療養開始から1年6ヶ月を経過し、一定の障害等級にあてはまるとき
業務上または通勤途中に負傷または疾病にかかり、療養の開始後1年6ヶ月が経過しても治癒せず、その傷病による障害の程度が一定の場合には「傷病(補償)年金」が支給されます。傷病(補償)年金は被災労働者の請求によって支給が決定されるのではなく、労働基準監督署長の職権によって支給が決定されます。支給が決定されると休業(補償)給付は受けられなくなりますが、療養(補償)給付は引き続き受けることができます。


療養開始後1年6ヶ月が経過した時点では傷病(補償)年金の支給事由に該当しなかった場合には、引き続き休業(補償)給付が支給されることとなります。

 

←欠勤4日以上になったとき            障害が残ったとき→