亡くなったとき

<遺族(補償)給付>

業務上または通勤途中の事故により死亡してしまったときには、遺族は「遺族(補償)給付」を請求することができます。この保険給付には、「遺族(補償)年金」と「遺族(補償)一時金」との2種類があります。

 

原則として「遺族(補償)年金」が支給されますが、遺族(補償)年金を受けることのできる人(受給資格者といいます)がまったくいない場合、または遺族(補償)年金を受けていた人(受給権者といいます)が失権し、他に年金を受けることができる遺族がいない場合に、既に支給された年金および前払一時金の合計額が、給付基礎日額の1,000日分より少ないときに限って一時金が支給されることとなります。

<受給権者と受給資格者>

受給資格者とは・・・
「労働者の死亡当時その収入によって生計を維持していた」以下の表に定める者を受給資格者といいます。

受給権者とは・・・
以下の表に定める者のうち、最先順位者を受給権者といいます。

<葬祭料>

葬祭料は、死亡した労働者の葬祭を行うと認められる者に対して、315,000円の基本額に給付基礎日額の30日分を加算した額、又は給付基礎日額の60日分の額のいずれか高い方の額が支給されます。これは遺族補償給付と違い受給順位というものはなく、遺族が全く葬祭を行わない場合であっても、現実に葬祭を行う者が他にいれば、それが遺族でなくても(例えば事業主であっても)現実に葬祭を行った人に支給されます。

 

←障害が残ったとき            他人によって負傷したとき→