従業員がケガ等をしたとき(業務中・通勤途中)

 

従業員が業務中にケガをした!

従業員が通勤途中に事故に遭った!

 

そんなときは労働者災害補償保険法(労災保険)から給付を受けることができます。さて、労災保険とはどんな制度でしょうか。

 

 

<労災保険とは?>

労災保険とは、労働者災害補償保険法(労災保険法)に基づく制度で、業務上の事由又は通勤途中に労働者が負傷した場合、疾病にかかった場合、障害が残った場合、死亡した場合等について、被災労働者又はその遺族に対し必要な保険給付を行う制度のことです。
業務災害については、労働基準法に、使用者が療養補償その他の補償をしなければならないと定められています。そこで、労働者が確実に補償を受けられるようにするため、また事業主の補償負担軽減のために労災保険制度が設けられ、被災労働者が労災保険による補償給付を受けた場合は、使用者は労働基準法の補償義務を免除されることとされたものです。

 

 

<業務災害とは?>

業務災害とは、労働者が就業中に、業務が原因となって負傷、疾病、障害又は死亡した災害をいいます。業務が原因となった災害ということであり、業務と傷病等との間に一定の因果関係があることをいいます。

 

 

<通勤災害とは?>

通勤災害とは、労働者が通勤により負傷、疾病、障害又は死亡した災害で、業務の性質を有するものを除くこと、とされています。例えば、自宅から会社へ向かう途中や、会社から自宅へ帰宅する途中に怪我をした場合には通勤災害となります。実際に会社へ届出ている通勤方法とは異なる経路で通勤し、怪我をした場合でもそれが合理的な経路であって、業務の性質を有しない場合は通勤災害となります。

 

 

<適用の範囲は?>

労働者を一人でも使用する事業場は、適用事業として労災保険法の適用を受けることになり、加入の手続をとり(保険関係成立届の提出)、保険料を納付する必要があります。なお、保険料は全額事業主負担となります。

加入は事業場ごとに行うもので労働者ごとではありません。したがって適用事業場に使用されている労働者であれば誰でも、業務上災害又は通勤災害により負傷等をした場合は保険給付を受けることができます。
労働者とは、正社員のみならずパート、アルバイト等、使用されて賃金を支給される方すべてをいいます。

 

 

<健康保険との違いは?>

労働者の負傷、疾病等に対する保険制度は、労災保険のほかに健康保険がありますが、健康保険法では、労働者の業務以外の事由による疾病、負傷、死亡等に関して保険給付を行うと定められており、業務上災害について健康保険による給付を受けること(健康保険被保険者証を提示して治療を受けるなど)はできません。

 

 

←社会保険の手続き                病院にかかるとき→