従業員が亡くなったとき

 

私傷病により従業員が亡くなったときは以下の手続きを行います。

常務上・通勤途中に亡くなった場合はこちらをご参照ください。

 

< 健康保険 埋葬料 >

被保険者である従業員が死亡したときは、従業員により生計を維持していた者であって埋葬を行うものに対し、埋葬料として50,000が支給されます。

ここでいう「生計を維持していた者」とは※以下に該当する者をいい、「埋葬を行う者」とは、例えば夫が亡くなったときは妻、母が亡くなったときは子が該当します。

 

※生計を維持していたもの

 ・生計の一部を負担されていること

 ・亡くなった被保険者の親族や遺族である必要はない

 ・亡くなった被保険者と世帯を別にしていてもよい

 

 

< 健康保険 埋葬費 >

健康保険の被保険者である従業員が死亡したとき、上記の埋葬料を受けるべき者がいない場合に、実際に埋葬を行った者に対し、50,000円の範囲内で実際に埋葬を行った者に対して支給されます。

 

※埋葬費の支給対象者

 埋葬費は実際に埋葬を行った者に対して支給され、生計維持関係のな 

 い配偶者、子、父母、孫、兄弟姉妹などや他人でも支給対象者に該当 

 します。

 

 

 

< 健康保険 家族埋葬料 >

被扶養者が死亡したときは、被保険者に対し、家族埋葬料として50,000円が支給されます。

 

 

< 資格喪失後の埋葬料・埋葬費の支給 >

従業員が健康保険の資格を喪失した後、以下のいずれかに該当した場合に、埋葬料の支給を受けることができます。

(埋葬料を受けるべき者がいない場合には埋葬を行った者に埋葬費が支給されます。)

 

※支給要件

1)健康保険の被保険者資格喪失後3ヶ月以内に亡くなったとき

2)健康保険の被保険者資格喪失後、傷病手当金または出産手当金の支 

  給を受けている者が亡くなったとき

3)健康保険の被保険者資格喪失後、傷病手当金または出産手当金の支

  給を受けている者が、その給付を受けなくなってから3ヶ月以内に

  亡くなったとき